肌 若返り 高酸化物質

ビーグレンの浸透するスキンケアで若返り

フリーラジカルを無害化する抗酸化物質

フリーラジカルが細胞に与えるダメージを減らす、あるいはダメージを修復する抗酸化作用。肌の老化を食い止めたり、肌の若返りができると研究が進み、新しい抗酸化物質の発見等も報告されています。
また、老化と闘う抗酸化物質を体や肌の必要な部分に、効果的に届けるテクノロジーも開発され続けています。

 

外的要因をできるだけ少なくする、生活習慣の見直しと、加齢とともに減少する、抗酸化物質を体のなかや、肌に抗酸化作用を補う事でフリーラジカルのダメージから肌を守り、若返りをしましょう。

 

抗酸化物質はフリーラジカルを吸収してフリーラジカルが細胞に与えたダメージを修復し、肌の老化を食い止めます。フリーラジカルはペアになる電子を捜している分子です。他の分子から無理矢理電子を奪い取るので健康な細胞が傷つき、肌の老化が加速するのですが、抗酸化物質は、フリーラジカルに、電子を提供し、無害化する働きをします。

 

抗酸化物質はもともと体内にあるのですが、加齢や外的要因で減少していきます。これを補うスキンケアをすることで、潤いのある若返り肌を取り戻すことが期待できます。抗酸化物質には、ビタミンやアミノ酸があります。そのなかでも代表的なものがビタミンCです。

浸透する抗酸化物質で肌の若返り

ビタミンCは、体を結合するために重要な、タンパク質の強力な結合組織であるコラーゲンを生成するのに、不可欠なものであり、老化を加速させるフリーラジカルによる炎症を抑える優れた働きがあるのです。滑らかな肌と若々しさを取り戻してくれます。

 

ビタミンCは、不安定で壊れやすく、そのまま化粧水などに配合しても、日持ちがしませんし、肌の奥まで届きません。

 

高酸化物質には、ビタミンCのほかに、ビタミンE,アルファリボ酸、アミノ酸などの抗酸化物質があります。ほとんどの成分は水溶性なので、一般的な化粧品に配合されている成分は、肌にあまり浸透していきません。効果を発揮するためには、肌のトラブルのもとに届けるための技術が必要なのです。

 

最近のテクノロジーはどんどん進化しており、肌に有効な成分を浸透させるスキンケア化粧品も多くみられるようになってきました。中でもビーグレンの浸透テクノロジーは、国際特許をもつ、医療レベルの浸透技術です。不安定で壊れやすい成分も確実に素早く肌に届けます。

ビーグレンの高濃度ビタミンC美容液 Cセラム

ビタミンCは抗酸化物質の筆頭、と言っても良いでしょう。シミ、くすみといった美白、シワ、たるみ等のアンチエイジング、大人ニキビでは絶大な人気があります。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成を促す働きもあります。大変不安定で壊れやすく、肌の奥には浸透しません。浸透しやすくしたビタミンC誘導体もありますが、多くの量を届けることは難しいです。

 

ビーグレンの浸透する化粧品で乾燥対策

ビーグレンのCセラムは浸透テクノロジーQuSomeを使って、壊れやすいビタミンCを高濃度で確実に真皮に届け、肌の若返りの働きを促進させます。手に取ると、オイルのような感触にびっくりするかもしれません。においも気になる場合もあるかも。本当にビタミンC?と一瞬思いました。

 

肌に伸ばすと、第一印象は見事に裏切られました。すぅ〜っと伸びて、べたつきはありません。普通の美容液よりは、肌がテカったように見えるかもしれませんね。じわっと暖かくなる感触があります。

 

翌朝までしっとり感は残っていました。潤いをしっかり保っています。ただし、高濃度なので、肌に合わない場合もあると思います。ひとまずトライアルキットで10日間試してみることを お勧めします。

肌の若返りには、フリーラジカルを無害化する抗酸化物質で!記事一覧

ビーグレンの浸透するコスメ、トライアルで若返り
皮膚の表面の部分で角質層、表皮細胞、基底層で構成されています。肌のバリア機能をもち、紫外線や外敵な刺激から肌を守り、肌に潤いを保っています。ターンオーバーもこの表皮部分で起こります。基底層基底膜を通し、真皮の血管から酸素や栄養を受け取って、細胞分裂をし常に新しい表皮細胞を生成しています。紫外線に反応してメラニン色素を作り出す、メラノサイトもあります。表皮細胞基底層で生成された表皮細胞が層になってい...