若返り 肌 構造

表皮

皮膚の表面の部分で角質層、表皮細胞、基底層で構成されています。肌のバリア機能をもち、紫外線や外敵な刺激から肌を守り、肌に潤いを保っています。ターンオーバーもこの表皮部分で起こります。

 

基底層
基底膜を通し、真皮の血管から酸素や栄養を受け取って、細胞分裂をし常に新しい表皮細胞を生成しています。紫外線に反応してメラニン色素を作り出す、メラノサイトもあります。

 

表皮細胞
基底層で生成された表皮細胞が層になっています。新しい細胞が生まれるごとに上に押し上げられるので層になるのです。徐々に角化して死んだ細胞になる前の生きている細胞です。

 

外部からの刺激を神経に伝える、アレルギー反応を起こす、といった働きをします。

 

肌構造とラメラ構造

角質層
一番外側の部分で0.02mm程度の厚さしかありませんが、角質層と角質細胞間脂質(セラミド)が作っているラメラ構造、という構造で20%〜30%の水分を保持しています。水分をサンドイッチ状に挟み込み、湿度が0%でも蒸発しません。

 

表皮細胞とセラミドが肌バリアとなり、紫外線等の外部の刺激から肌を守り、高い水分保持能力で肌に潤いを与えて若々しさを保ちます。

真皮

表皮の下にあり、主な成分はコラーゲン、エラスチンという繊維状のものと、ゼリー状のヒアルロン酸でできています。肌に弾力やハリをもたらします。コラーゲン、エラスチン、ヒアルソンを作り出す繊維芽細胞があります。

 

コラーゲン
繊維状の成分で「膠原繊維」(こうげんせんい)とも呼ばれています。真皮の約70%がコラーゲンです。古くなると分解される一方で新しく生成されていますが、加齢で減少するので肌の弾力がなくなり、シワやたるみの原因となります。肌の老化です。

 

さらに紫外線によるフリーラジカルのダメージやストレス、睡眠不足等、外的要因で著しく減少したり変性したりすると老化が加速します。

 

エラスチン
ゴムのように弾力のある繊維で「弾性繊維」とも呼ばれています。真皮の約5%を占めます。コラーゲンを所々でつなぎ留めて肌の弾力を保っています。

 

ヒアルロン酸
コラーゲンやエラスチンの間を埋めているゼリー状の物質です。保湿力に優れているので化粧水などに配合されることが多い成分です。ヒアルロン酸は水溶性なので、角質層までしか浸透しません。表皮の保湿として使われています。真皮のヒアルロン酸の補給にはなりません。

 

繊維芽細胞
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す働きをしています。

ターンオーバーと肌バリア

ターンオーバーは、表皮の基底層で生成される表皮細胞が段々上に積み重なり、古くなって角化し、やがてアカとなって剥がれ落ちる、というサイクルを繰り返して肌の若返りをするシステムです。

ターンオーバーの仕組み

角質部分はラメラ構造と言って角質細胞とそれをつなぐ角質細胞間脂質(セラミド)が肌のバリア機能を構成しています。セラミドは水分をサンドイッチ状に挟み込み、保持する性質があり20%もの水分を保持していて、肌の潤いを保っています。

 

セラミドは加齢で減少し、またフリーラジカルのダメージでターンオーバーの乱れが起きると肌バリアがくずれ、肌が老化します。ラメラ構造をしっかり保つことで、肌のバリア機能を正常に働かせ、また、潤いを保つことができるのです。

 

 

 

ビーグレンの浸透するスキンケア

表皮には表皮の、真皮には真皮の必要とする成分を確実に届けるビーグレンの浸透するサイエンスコスメで肌の若返りをしましょう。

 

肌の相性もあります。5種類のトライアルセットがあるので、まずは試してみてください。
(管理人は、クレイクレンジング・クリーム、10−YBローション、Cセラムで基本のケア。シミにはホワイトニング、シワにエイジリンクルを部分使いしています。乾燥がひどいときは、モイスチャライジングをプラス)

 

ホワイトケア

美白・ホワイトケア

エイジングケア

シワ・たるみエイジングケア

毛穴ケア

ビーグレン毛穴・たるみケア

 

 

 

ニキビケア
ビーグレンニキビケアトライアルセット

ビーグレンの浸透するコスメ、トライアルで若返り






ビーグレンの浸透するスキンケア・トライアルセット